中部大学通信「ウプト」189号
8/24

面接では堂々と大きな声で話すように心掛けました。予期しないような質問にもすぐに答えられるようになったのが内定につながったと思います。 筆記試験対策やエントリーシートをしっかり仕上げることも大切ですが、面接が一番大切なので、模擬面接で練習しておいた方がよいと思います。電気システム工学科 長野 圭輔さん株式会社トーエネック①20社②12社③4社④3年生1月【内定先】 中部大学のC-NETや幸友会就職ナビも利用しました。スマホの地図アプリやGPSなどが使えても、慣れない場所では迷子になることがありました。 ある企業の方に、入退室やあいさつの仕方で第一印象が悪くなってしまう学生が多いと聞きました。立ち居振る舞いにも注意しましょう。都市建設工学科 吉田 典史さん東海旅客鉄道株式会社①92社②39社③1社④3年生12月【内定先】 情報収集は主に大学や就職情報サイトから、地元の企業に関しては家族や社会人の友人に聞きました。内定先の企業は、研究室の教授やキャリアセンターの方々から教えていただきました。 興味のある企業のオープンセミナーなどは、早めに申し込みました。全日程が埋まってしまい参加できないこともありました。機械工学科 加藤 陽紀さん大同特殊鋼株式会社①10社②4社③4社④3年生12月【内定先】 企業研究はOBの方に尋ねたりしてしっかり行い、選考を受ける会社にどれだけの知識と興味を持っているかを伝えることができたと思います。 体調管理と身だしなみには気を遣いました。履歴書の書き方も、小見出しを付けて重要なポイントを太字のペンにするなど、読みやすくしました。電子情報工学科 志村 祐樹さん東海旅客鉄道株式会社①47社②6社③2社④3年生8月【内定先】7①エントリー社数②受験社数③内定社数④就職活動を始めた時期(就職のための勉強を始めた時期)依然として就職活動の現場では激戦が続いています。就職先を決めた4年生は一体どんな就職活動をしたのか。各学科の4年生からメッセージをいただきました。【特集】4年生が語る

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です