中部大学通信「ウプト」189号
10/24

臨地実習でお世話になったこと、地域医療の中心にある病院であること、4年生になると国家試験の勉強でアルバイトができなくなるので就学金制度があったことから選びました。 どんな看護師になりたいかビジョンを描いておくと、どこで働くのが良いか分かると思います。保健看護学科 三岡 結衣さん春日井市民病院(看護師)②1社③1社④4年生4月【内定先】 実習先の病院で実際に働いている臨床工学技士の方々から話を伺いました。また、学科内で実習先の情報交換をして、各病院の雰囲気や勤務体制、勤務内容などを知ることができました。 面接では、事前に準備した受け答えではなく、素直な自分をアピールすることが大切だと感じました。臨床工学科 安田 奈央さん名古屋掖済会病院(臨床工学技士)②1社③1社④4年生9月【内定先】 書類選考がなかなか通らない時期があり、何度も内容を考えました。内定先の企業は岐阜県内のガイダンスで知り、学内で企業の方のお話を聞いて志望しました。 履歴書などの内容だけではなく、あいさつや身だしなみなどの第一印象、コミュニケーションが大切だと思います。生命医科学科 三津原 秀紀さんアルフレッサ日建産業株式会社①30社②15社③1社④3年生12月【内定先】 受験先を1つに絞るのに悩みました。学科の先生の話や病院見学で得た情報をもとに、自分がその職場で実際に働くことをイメージして決めました。 病院見学は重要だと思います。見学しなければ分からなかったことが多くありました。作業療法学科田内 佑加子さん大隈病院(作業療法士)②1社③1社④4年生8月【内定先】 地元での就職を考えていたので、情報は家族からもらっていました。内定先は、幅広い地域、世代の人に食育活動をしたいと思い選びました。 就職活動は孤独で苦しいかもしれませんが、支えてくれる周りの人に感謝し、時には甘えて取り組んでみてもいいかなと思います。食品栄養科学科管理栄養科学専攻 酒井 惟さん石川県職員(管理栄養士)①5社②2社③2社④4年生4月【内定先】 1期生で先輩がいないこともあり、最初は何をしたらよいのか分からなかったため、学科の先生やゼミの先生に相談していました。 どんな病院が自分に合うのか情報を集めて考えることも必要ですが、見学に行くなどの行動を起こせば、行きたい所が見つかると思います。理学療法学科松原 朱里さん小牧市民病院(理学療法士)②1社③1社④4年生7月【内定先】9【特集】4年生が語る

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です