中部大学

中部大学

教員情報

水上 健一 SUIJO Kenichi

プロフィール

職名 准教授
所属 生命健康科学部 スポーツ保健医療学科
大学院 生命健康科学研究科 保健医療学専攻
最終学歴 東京医科大学 大学院医学研究科 社会医学系 公衆衛生学講座
学位 博士(医学)(東京医科大学)
資格 中学校・高等学校教諭専修免許状(保健体育)
所属学会・役職 日本体力医学会
日本公衆衛生学会
日本運動疫学会
アメリカスポーツ医学会
専門分野 運動生理学、運動疫学、トレーニング科学
研究テーマ 身体活動および身体不活動が脳機能に及ぼす影響に関する実験・疫学研究
授業科目 トレーニング実技、健康運動コーチング論、水中運動実技、健康運動指導論、健康運動指導実技、総合スポーツ保健医療学演習、卒業研究

学術論文、評論

論文

Hasegawa D, Hori A, Okamura Y, Baba R, Suijo K, Mizuno M, Sugawara J, Kitatsuji K, Ogata H, Toda K, Hotta N. Aging exaggerates blood pressure response to ischemic rhythmic handgrip exercise in humans. Physiological reports 9(22) e15125, 2021

Hori A, Hasegawa D, Suijo K, Nishigaki K, Ishida K, Hotta N. Exaggerated pressor response to blood flow restriction resistance exercise is associated with a muscle metaboreflex-induced increase in blood pressure in young, healthy humans. Appl Physiol Nutr Metab. 46(2):182-185, 2021

Hori A, Suijo K, Kondo T, Hotta N. Breath isoprene excretion during rest and low-intensity cycling exercise is associated with skeletal muscle mass in healthy human subjects. J Breath Res. 15(1): 016009, 2020

堀 天, 水上 健一, 尾方 寿好, 馬場 礼三, 近藤 孝晴, 堀田 典生. 最大下運動に対する呼気イソプレン排出応答と酸化ストレス応答の関連性. 体力科学 69(2):211-220, 2020

Ikeda Y, Hirata S, Maeda W, Okuzumi H, Kokubun M, Ambe H, Fujieda Y, Suijo K, Hayashi J, Iteya M. Relationship between Stroop/reverse-Stroop interference and postural sway when standing in elderly people. Compr Psycho 2(1): 1-7, 2013

Suijo K., Inoue S., Ohya Y., Odagiri Y., Takamiya T., Fujieda Y., Itoh M. and Shimomitsu T. Resistance exercise ehnaces cognitive function in mouse. Int J Sports Med. 34: 368-375, 2013

Inoue S., Ohya Y., Odagiri Y., Takamiya T., Suijo K., Kamada M., Okada S., Tudor-Locke C. and Shimomitsu T. Socio-demographic determinants of pedometer-determined physical activity among Japanese adults. Am J Preventive Med. 40(5): 566-71, 2011

高木祐介, 藤枝賢晴, 安部久貴, 水上健一, 坂本佑樹. 喘息罹患歴を有する者の四季の低山登山時におけるピークフロー(PEF)値の変化について. 体育の科学 60(3): 193-7, 2010

Inoue S., Ohya Y., Odagiri Y., Takamiya T., Ishii K., Kitabayashi M., Suijo K., Sallis F.J. and Shimomitsu T. Association between perceived neighborhood environment and walking among adults from four cities in Japan. J Epidemiol 20(4): 277-86, 2010

Ishii K., Inoue S., Ohya Y., Odagiri Y., Takamiya T., Suijo K., Owen N. and Shimomitsu T. Sociodemographic variation in the perception of barriers to exercise among Japanese adults. J Epidemiol 19(4):161-168, 2009

安部久貴, 藤枝賢晴, 酒井健介, 水上健一, 高橋宏文, 三本木千秋, 森藤雅史, 杉浦克己. 連戦貴大学サッカー選手における血清creatine kinaseの経時的推移に及ぼす大豆ペプチド経口摂取の効果. 体育の科学 58(2): 133-137, 2008

高木祐介, 藤枝賢晴, 安部久貴, 水上健一, 坂本佑樹, 小林敏生. 低山登山時の気道抵抗値, 心拍数及び主観的呼吸困難感の変化について ―喘息罹患歴の有無による比較検討―. 登山医学 28: 98-102, 2008

吉田駿一, 藤枝賢晴, 水上健一, 安部久貴, 柴田義晴. 夏期屋外プールでの暑熱環境下競泳練習時における水分摂取量に影響を及ぼす要因. 体育の科学, 58(9): 665-669, 2008

伊作良平, 藤枝賢晴, 有吉正博, 繁田進, 安部久貴, 水上健一. クエン酸の経口摂取が高強度・間欠的な運動に及ぼす影響. 陸上競技研究 64:30-35, 2006

Suijo K., Fujieda Y., Isaku R., Ambe H., Sumi K., Yasukawa S., Sekiya T. and Kawaguchi M. The optimum intensity and mode of cooling down procedures after repetitive intermittent high-intensity exercise. Jpn J Phys Fitness Sport Med 56(Suppl):263-267, 2006

Sumi K., Sakai K., Fujieda Y., Ambe H., Isaku R., Suijo K., Yasukawa S., Sambongi C., Morifuji M. and Sugiura K. The effects of soy peptide on isometric performances and serum CK and LDH trends after high intensity repetitive eccentric exercise stress. Jpn J Physi Fitness Sport Med 56(Suppl):257-261, 2006

Yasukawa S., Fujieda Y., Sakai K., Sugiura K., Morifuji M., Sambongi C., Ambe H., Isaku R., Kawaguchi M., Suijo K. and Sumi K. The synergic effects of coenzymeQ10 and creatine through oral intake on repetitive short duration high-intensity exercise. Jpn J Physi Fitness Sport Med 56(Suppl):247-250, 2006

関谷卓也, 藤枝賢晴, 有吉正博, 繁田進, 安部久貴, 伊作良平, 水上健一. 暑熱環境下における持久的な運動に及ぼすprecoolingの有効性. 陸上競技研究 62:38-46, 2005

紀要など

浅井泰詞, 水上健一, 深田喜八郎, 樋口和洋, 青木謙介, 中村剛. 野外教育が大学生の自己効力感に及ぼす影響 ―マリンスポーツ実習に着目して―. The Basis 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要 10: 71-78, 2020

伊藤寛泰, 安部久貴, 高原桂, 高木祐介, 水上健一, 藤枝賢晴. 屋外暑熱環境下での硬式テニス練習時における衣服間隙量・ウェア色の違いが鼓膜温・発汗量に与える影響. 東京学芸大学紀要芸術・スポーツ科学系 62: 63-67, 2010

水上健一, 藤枝賢晴, 安部久貴, 高原桂, 三本木千秋. アントシアニンの短期間摂取は肥満傾向にある若年女性の有酸素運動中・運動後の脂質利用を亢進させる. 東京学芸大学紀要芸術・スポーツ科学系 (61): 135-140, 2009

安部久貴, 藤枝賢晴, 高原桂, 水上健一, 三本木千秋, 射手矢岬. 夏期強化合宿中における低使用量のグルタミン連日摂取が大学柔道選手の体調維持と運動パフォーマンスに及ぼす影響. 東京学芸大学紀要芸術・スポーツ科学系 (61): 129-134, 2009

下光輝一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 石井香織, 北林蒔子, 水上健一, 内山綾子, 今給黎希人. 厚生労働科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業 都道府県等の生活習慣病リスク因子の格差及び経年モニタリング手法に関する検討 平成20年度総括・分担研究報告書7-67, 2009

下光輝一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 石井香織, 水上健一, 北林蒔子, 内山綾子, 今給黎希人. 厚生労働科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業 都道府県等の生活習慣病リスク因子の格差及び経年モニタリング手法に関する検討 平成18年度~20年度総合研究報告書9-18, 2009

井上茂, 下光輝一, 永富良一, 小田切優子, 高松大樹, 石井香織, 北林蒔子, 水上健一. 日常生活の歩数に影響を与える環境要因に関する研究. 平成17~18年度科学研究費補助金基盤研究(C)

伊作良平, 藤枝賢晴, 有吉正博, 繁田進, 持田尚, 安部久貴, 水上健一. MART (Maximal Anaerobic Running Test) におけるクエン酸摂取の血中乳酸動態と無酸素性パワーに及ぼす影響. 東京学芸大学紀要芸術・スポーツ科学系 60: 201-207, 2008

高木祐介, 藤枝賢晴, 安部久貴, 水上健一, 坂本佑樹. 低山登山における環境の変化と喘息罹患の有無がピークフロー値低下に及ぼす影響について. 東京学芸大学紀要芸術・スポーツ科学系 60: 209-214, 2008

水上健一, 藤枝賢晴. 一両日に渡る反復短時間高強度運動負荷モデルにおけるクーリングダウン強度の違いが感情気分と脳波に与える影響. 東京学芸大学紀要芸術・スポーツ科学系 58: 129-136, 2006

Fujieda Y., Sakai K., Yasukawa S., Suijo K., Sugiura K., Sambongi C., Morifuji M. Exercise prescription combined with a diet supplement of hydroxycitric acid and capsicine could more effectively improve serum lipid profile in Japanese femals. Bulletin of Tokyo Gakugei University Arts and Sport Sciences, 58: 137-41, 2006

講演、シンポジウム、学会発表

水上健一, 中野貴博, 馬場礼三, 香村恵介, 紙上敬太. シンポジウム1: こどもの体力科学研究のこれまでとこれから. 第26回日本体力医学会東海地方会, 愛知, 2022/03/19

水上健一, 酒井俊郎, 岡村雪子, 北辻耕司, 浅井泰詞, 堀天. 性・学年別にみた幼児期運動指針の充足者割合に関する記述疫学的検討. 第26回日本体力医学会東海地方会, 愛知, 2022/03/19

水上健一, 岡村雪子, 堀天, 北辻耕司, 堀田典生. レジスタンストレーニングが中高齢者の認知機能および関連血中分子指標に及ぼす影響. 第76回日本体力医学会大会, WEB開催, 2021/09/17-20

水上健一, 堀天, 岡村雪子, 馬場礼三, 堀田典生. 一過性の血流制限下有酸素性運動が高齢者の認知機能および脳由来神経栄養因子応答に及ぼす影響. 第75回日本体力医学会大会, WEB開催, 2020/09/24

岡村雪子, 酒井俊郎, 水上健一, 堀田典生, 馬場礼三, 城憲秀, 尾方寿好. 大学生の抑うつに関連する要因は男女で異なる. 第75回日本体力医学会大会, WEB開催, 2020/09/25

水上健一, 髙木さやか, 鈴木すぐる, 酒井俊郎. 幼児の生活習慣と保護者の生活習慣および自宅の近隣環境との関連性. 第74回日本体力医学会大会, つくば, 2019/09/20

水上健一, 安部久貴, 安川生太, 枝元香菜子, 藤枝賢晴. レジスタンストレーニングによる中高齢者の認知機能および脳由来神経栄養因子の変動. 第73回日本体力医学会大会, 福井, 2018/09/09

高木祐介, 北哲也, 森田勲, 水上健一, 久米大祐, 枝元香菜子, 小野寺昇. 季節と地理的環境の違いが喘息体質を有する者の屋外運動後の肺機能に及ぼす影響. 第72回日本体力医学会大会, 松山, 2017/09/18

水上健一, 安部久貴, 安川生太, 枝元香菜子, 藤枝賢晴. 12週間のレジスタンストレーニングが高齢者の認知機能に及ぼす影響. 第70回日本体力医学会大会, 和歌山, 2015/09/18

Inoue S, Suijo K, Nakaya T, Ohya Y, Odagiri Y, Takamiya T, Shimomitsu T. Associations between objectively-measured environmental attributes and physical activity among Japanese adults. IGU Kyoto Regional Conference 2013, Kyoto, 2013/08/04-9

Oyama T, Fujieda Y, Ambe H, Hayashi J, Suijo K, Ymauchi H, Ura K. Vertical Acceleration to the ground can be a greater component contributing to higher sprinting performance. American College of Sports Medicine 59th Annual Meeting and 3rd World Congress on Exercise is Medicine. San Franscisco, CA, 1st June, 2012

水上健一, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 石橋弘子, 藤枝賢晴, 伊藤雅之, 下光輝一, 井上茂. マウスにおける短期間の自発的なレジスタンス運動は海馬のBDNFを増加させる. 第67回日本体力医学会大会, 岐阜, 2012/09/15

水上健一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 石橋弘子, 藤枝賢晴, 伊藤雅之, 下光輝一. マウスにおける短期間の自発的なレジスタンス運動が海馬のBDNFおよび認知機能に及ぼす影響. 第66回日本体力医学会大会, 山口, 2011/09/16-18

水上健一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 藤枝賢晴, 伊藤雅之, 下光輝一. マウスにおける自発的なレジスタンス運動負荷プロトコールの確立. 第65回日本体力医学会大会, 市川, 2010/09/16

西沢富江, 伊藤正江, 春日規克, 水上健一, 竹倉宏明. 老化促進マウスにおける成熟期以降の習慣的運動が骨格筋及び血中レプチン濃度に及ぼす影響. 第65回日本体力医学会大会, 市川, 2010/09/16

Ambe H., Fujieda Y., Sakai K., Suijo K., Sanbongi C. The effects of Pre-exercise Lower Dose of Soy Peptide Supplementation on Physical and Psychological conditioning markers in Soccer Players through in-season, 15th Annual Congress of the European College of Sports Science, Antalya, Turkey, June 23-26, 2010

Fujieda, Y., Ambe, H., Takahara K., Sanbongi C., Baba S., Suijo K., Oyama T., Ishizaka M., Kurihara K. The effects of supplementing water-soluble protein on maintaining repetitive anaerobic performance and attenuating muscle damage. 15th Annual Congress of the European College of Sports Science, Antalya, Turkey, June 23-26, 2010

Ambe H., Suijo K., Takahara K., Setoguchi Y., Fujieda Y. Earlier Adoption Of Balance Exercises Combined With Resistance Exercises Can More Effectively Improve Elderlies' Fitness. 57th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Baltimore, MD, 1st June, 2010

Fujieda Y., Ambe H., Suijo K., Takahara K., Setoguchi Y. Resistance training with electrical-loading machines can improve complex fitness and atherosclerotic risks in elderly Japanese. 57th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Baltimore, MD, 1st June, 2010

水上健一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 北林蒔子, 柴田 愛, 岡浩一朗, 下光輝一. 余暇座業時間および身体活動時間と肥満との関連. 第164回東京医科大学医学会総会, 東京, 2009/11/07

水上健一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 北林蒔子, 柴田 愛, 岡浩一朗, 下光輝一. 座業時間と社会人口統計学的要因との関連の検討. 第68回日本公衆衛生学会総会, 奈良, 2009/10/21-23

水上健一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 北林蒔子, 柴田 愛, 岡浩一朗, 下光輝一. 自宅近隣の環境とスクリーンタイムとの関連の検討. 第64回日本体力医学会大会, 新潟, 2009/09/18-20

井上茂, 今給黎希人, 北林蒔子, 水上健一, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 柴田 愛, 岡浩一朗, 下光輝一. 身体活動としての自転車利用の疫学:自転車利用と社会統計学的要因との関連. 第64回日本体力医学会大会, 新潟, 2009/09/18-20

藤枝賢晴, 安部久貴, 高原桂, 安川生太, 水上健一, 坂本祐樹, 瀬戸口祐剛. 高齢女性に対する電磁負荷を用いた筋力トレーニングがADL関連体力に及ぼす影響. 第64回日本体力医学会大会, 新潟, 2009/09/18-20

高原桂, 藤枝賢晴, 安部久貴, 安川生太, 水上健一, 坂本祐樹, 瀬戸口祐剛. 中高齢女性の筋力トレーニングに対するバランス・エクササイズの組合せ時期の違いが下肢筋力、バランス能力及びADL関連体力指標に及ぼす影響. 第64回日本体力医学会大会, 新潟, 2009/09/18-20

安部久貴, 藤枝賢晴, 髙原 桂, 水上健一, 坂本佑樹, 石坂美穂子, 三本木千秋. 水溶性プロテインの経口摂取が筋損傷抑制と高強度反復性運動パフォーマンスに与える影響. 第64回日本体力医学会大会, 新潟, 2009/09/18-20

三本木千秋, 石坂美穂子, 安部久貴, 水上健一, 坂本佑樹, 高原桂, 藤枝賢晴. 高強度間欠運動中の水溶性プロテインの摂取による筋損傷指標への影響. 第64回日本体力医学会大会, 新潟, 2009/09/18-20

Suijo K., Inoue S., Ohya Y., Odagiri Y., Takamiya T., Ishii K., Kitabayashi M., Shimomitsu T. Relationships between objectively-measured environmental attributes and step counts among Japanese adults. 56th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Seattle, WA, May 27-30, 2009

Ambe H., Fujieda Y., Sakai K., Suijo K., Sanbongi C. Pre-exercise Supplementing Lower Dose of Soy Peptide Suppresses Serum Creatine Kinase Elevation in Soccer Players. 56th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Seattle, WA, May 27-30, 2009

Fujieda Y., Ambe H., Sambongi C., Baba S., Suijo K. Supplementing Water-soluble Protein Can Improve Repetitive High Intensity Anaerobic Performance With Suppressed Serum Myoglobin Elevation. 56th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Seattle, WA, May 27-30, 2009

Sambongi C., Fujieda Y., Ambe H., Suijo K., Baba S., Ishizaka M. Intake Of Water-soluble Protein During An Interval Of Repeated Strenuous Exercises Can Improve Serum Myoglobin Levels. 56th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Seattle, WA, May 27-30, 2009

石井香織, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 水上健一, 北林蒔子, 下光輝一. 地域住民における運動習慣の促進要因 ―人口統計学的および社会的要因による違い. 第67回日本公衆衛生学会総会, 福岡, 2008/11/05-7

石井香織, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 水上健一, 北林蒔子, 下光輝一. 運動指導に活用可能な運動習慣の促進要因・阻害要因プロフィール票の作成. 第6回日本予防医学会学術総会, 東京, 2008/11/29-30

北林蒔子, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 石井香織, 水上健一, 下光輝一. 簡便な歩行環境評価質問紙の信頼性と妥当性の検討. 第67回日本公衆衛生学会総会, 福岡, 2008/11/05-7

水上健一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 石井香織, 北林蒔子, 下光輝一. 地域住民における地域住民を対象とした運動基準2006レベルの歩数に関連する社会的要因の検討. 第67回日本公衆衛生学会総会, 福岡, 2008/11/05-7

水上健一, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 石井香織, 北林蒔子, 下光輝一. 地域住民における地域住民における歩行環境と座業時間との関連の検討. 第63回日本体力医学会大会, 別府, 2008/09/18-20

石井香織, 井上茂, 大谷由美子, 小田切優子, 高宮朋子, 水上健一, 北林蒔子, 下光輝一. 運動指導における実用性を考慮した運動習慣の促進要因・阻害要因尺度の開発. 第63回日本体力医学会大会, 別府, 2008/09/18-20

高木祐介, 藤枝賢晴, 安部久貴, 水上健一, 坂本佑樹, 小林敏生. 四季における低山登山時のピークフロー値低下について. 第63回日本体力医学会大会, 別府, 2008/09/18-20

Suijo K., Inoue S., Ishii K., Ohya Y., Odagiri Y., Takamiya T. and Shimomitsu T. Sociodemographic determinants of leisure-time sedentary behavior among Japanese. 10th International Congress of Behavioral Medicine, Tokyo, Japan, Aug 27-30, 2008

高木祐介, 藤枝賢晴, 安部久貴, 水上健一, 坂本佑樹.低山登山における環境の変化と喘息罹患歴の有無がピークフロー値低下に及ぼす影響. 第142回日本体力医学会関東地方会, 東京, 2008/03/29

水上健一, 藤枝賢晴, 安川生太, 三浦剛士, 斉藤雄大, 下光輝一, 伊藤雅之. 中高齢女性における16週間のレジスタンストレーニングが遺伝子発現に及ぼす影響. 第62回日本体力医学会大会, 秋田, 2007/09/14-16

Suijo K., Fujieda Y., Shimomitsu T. and Itoh M. Altered gene expression in lymphocytes derived from resistance training in Japanese women. International 19th Puijo Symposium (Physical Activity and Muscle Metabolism, Insulin Resistance), Puijo, Finland, 27-29 June, 2007

Suijo K., Fujieda Y., Shimomitsu T. and Itoh M. Altered gene expression in lymphocytes derived from resistance training in Japanese women. International 19th Puijo Symposium (Physical Activity and Muscle Metabolism, Insulin Resistance), Puijo, Finland, June 27-29, 2007

Fujieda Y., Suijo K., Ambe H., Yasukawa S., Sumi K. and Itoh M. Resistance training of twice a week can improve not only musclar strength but also gene expression in japanese elder women. International 19th Puijo Symposium (Physical Activity and Muscle Metabolism, Insulin Resistance), Puijo, Finland, June 27-29, 2007

水上健一, 藤枝賢晴, 安川生太, 三浦剛士, 斉藤雄大, 並木貴之, 安部久貴, 伊藤雅之. 中高齢者におけるレジスタンストレーニングが運動と認知機能に関連する遺伝子発現に与える影響. 第61回日本体力医学会大会, 神戸, 2006/09/24-26

安川生太, 藤枝賢晴, 水上健一, 三浦剛士, 斎藤雄大, 並木貴之, 安部久貴. 介護予防を目的とした電磁負荷式トレーニング・マシンの測定値の検討2. 第61回日本体力医学会大会, 神戸, 2006/09/24-26

安部久貴, 藤枝賢晴, 酒井健介, 伊作良平, 水上健一, 安川生太. 連戦期の大学サッカー選手における血清 creatine kinase の経時的推移に及ぼす大豆ペプチド経口摂取の効果. 第61回日本体力医学会大会, 神戸, 2006/09/24-26

林田晴菜, 藤枝賢晴, 水上健一, 酒井健介, 安部久貴. エルダーベリーポリフェノールの摂取が有酸素運動時のエネルギー代謝に及ぼす影響. 第61回日本体力医学会大会, 神戸, 2006/09/24-26

齊藤雄大, 三浦剛士, 藤枝賢晴, 並木貴之, 水上健一, 藤崎巌, 瀬戸口祐剛. 介護予防を目的とした電磁負荷式トレーニング・マシンの測定値の検討. 第61回 日本体力医学会大会, 神戸, 2006/09/24-26

水上健一, 安部久貴, 伊作良平, 藤枝賢晴. 一両日に渡る短時間高強度運動負荷モデルにおける適正クーリングダウン強度について. 第60回日本体力医学会大会, 倉敷, 2005/09/23-25

伊作良平, 藤枝賢晴, 三本木千秋, 酒井健介, 森藤雅史, 杉浦克己, 射手矢岬, 水上健一. 鍛錬期の大学柔道選手におけるグルタミン(Glutamine)の複数日の経口摂取がコンディショニング維持に及ぼす影響について. 第60回日本体力医学会大会, 2005/09/23-25

Suijo K., Isaku R., Ambe H., Sumi K., Ogasawara Y., Sekiya T., Fujisawa T., Kawaguchi M., Yasukawa S. and Fujieda Y. The optimum intensity and mode of cooling down procedures post intermittent high-intensity exercise. The 8th Asian Federation of Sports Medicine Congress, Tokyo, May 10-13, 2005

Sumi K., Sakai K., Fujieda Y., Ambe H., Isaku R., Suijo K., Yasukawa S., Sambongi C., Morifuji M. and Sugiura K. The effects of soy peptide on isometric performances and serum CK and LDH trends after high intensity repetitive eccentric exercise stress. The 8th Asian Federation of Sports Medicine Congress, Tokyo, May 10-13, 2005

Yasukawa S., Fujieda Y., Sakai K., Sugiura K., Morifuji M., Sambongi C., Ambe H., Isaku R., Kawaguchi M., Suijo K. and Sumi K. The synergic effects of coenzymeQ10 and creatine through oral intake on repetitive short duration high-intensity exercise. The 8th Asian Federation of Sports Medicine Congress, Tokyo, May 10-13, 2005

受賞

水上健一. 【優秀作品賞】映像データベース 中学校保健体育 体育編 ダンス3 現代的なリズムのダンスⅠ, 日本視聴覚教育協会 平成25年度優秀映像教材選奨, 2013

水上健一. 【優秀ポスター賞】 地域住民における運動基準2006レベルの歩数に関連する社会的要因の検討, 第67回日本公衆衛生学会総会, 福岡, 2008

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー