中部大学

中部大学

教員情報

黒田 玲子 KURODA Reiko

公開ホームページ

プロフィール

職名 特任教授
所属 先端研究センター
最終学歴 東京大学大学院理学系研究科化学専門課程博士課程修了
学位 理学博士(東京大学)
専門分野 化学、生物学
研究テーマ カイロモルフォロジー;結晶化過程におけるキラリティ(左右非対称性)認識・創製・転写のメカニズム、キラリティ分光測定による(固体状態も含む)構造変化のダイナミクス、一個の遺伝子が決める巻貝の体の左右性決定のメカニズム
研究紹介PDF

学術論文、評論

Through the Looking-glass: From Molecules to Crystals and snails. The Carrollian, 35-36, 119-131 (2021),150th Anniversary Issue of Lewis Carroll's book.

The pond snail Lymnaea stagnalis, EvoDevo, 11:24 (2020).

The development of CRISPR for a mollusc establishes the formin Lsdia1 to be the long-sought gene for snail dextral/ sinistral coiling. Development, 146 Dev175976 (2019).

Conformation Change of Hornet Silk Proteins in the Solid Phase in Response to External Stimulation. Chirality, 50(3), 541-547 (2018).

Reversible conformational changes in parallel type G-quadruplex structure inside a thermoresponsive hydrogel. Chem. Commun., 53:3142-3144 (2017).

Diaphanous gene mutation affects spiral cleavage and chirality in snails. Scientific Reports, 6, 34809 (2016).

Chiral blastomere arrangement dictates zygotic left-right asymmetry pathway in snails. Nature, 462, 790-794, (2009).

ページの先頭へ

ホーム
訪問者別メニュー