教員情報

教員情報

大学院 生命健康科学研究科 生命医科学専攻

氏名 氏名(カナ) 職名 専門分野 研究テーマ ホームページ
*市原 正智 イチハラ マサトシ 教授 病理学、血液学、分子生物学 分子状水素の生体作用の解明、疾患モデル動物の責任遺伝子解析
*伊藤 守弘 イトウ モリヒロ 教授 微生物学(特にウイルス学)、放射線技術学、予防医学 ウイルスによる細胞融合の研究、細胞融合制御蛋白の解析
*岩本 隆司 イワモト タカシ 教授 分子生物学 microRNAと心疾患、精神神経疾患、癌
*上村 和秀 ウエムラ カズヒデ 准教授 薬理学、病態生化学 炎症性疾患における動物レクチンの役割
*尾方 寿好 オガタ ヒサヨシ 准教授 運動生理学 肢体不自由者の健康運動、地域防災 ホームページ
*片野坂 公明 カタノサカ キミアキ 准教授 感覚生理学、神経生理学 痛みのメカニズム、感覚神経の温度受容・機械受容情報変換
*加藤 智香子 カトウ チカコ 教授 老年期理学療法学、地域理学療法学 高齢者の転倒・骨折予防に関する研究
*河原 敏男 カワハラ トシオ 教授 応用物理、低温工学、薄膜・表面工学 超伝導、熱電半導体、非晶質、ナノ制御・ナノデバイス
*川本 善之 カワモト ヨシユキ 准教授 生体防御学、分子免疫学 天然物、食品成分によるがん、炎症、生活習慣病、アレルギー予防、細胞内シグナル伝達修飾に関する研究 ホームページ
*喬 善楼 キョウ ゼンロウ 教授 腫瘍学、実験病理学、細胞生物学 がん微小環境おけるがん細胞の適応機構の解明及びがん微小環境を標的とした治療法の研究
*児玉 泰 コダマ ヤスシ 准教授 体外循環技術、生体計測、生体情報処理  体外循環技術・補助循環技術に関する研究、身体活動による呼吸・循環機能の変化に関する研究、セーフティーマネジメント
*小林 正典 コバヤシ マサノリ 教授 整形外科学、生体医療工学 生体材料の研究開発、バイオメカニクス
*小松 万喜子 コマツ マキコ 教授 基礎看護学、看護教育学 臨床実践能力の向上、終末期ケア、看護学教育 など
*近藤 文雄 コンドウ フミオ 教授 分析科学 生体試料中の薬毒物分析法の開発、ラン藻毒の毒性発現機構の解明
*酒井 俊郎 サカイ トシロウ 教授 発育発達学、運動生理学、レクリエーション 子どもの身体組成 運動能力の発達
*榊原 明 サカキバラ アキラ 准教授 解剖学、細胞生物学、神経科学 脳形成メカニズムの解明、ニューロンの移動と極性化における細胞骨格の機能
*佐藤 純 サトウ ジュン 教授 天気痛、気象病、交感神経依存性疼痛 天気痛ならびに自律神経性疼痛のメカニズムと対策 ホームページ
*下内 章人 シモウチ アキト 教授 内科学、呼吸器内科 生体ガス診断法の開発と臨床応用
*高玉 博朗 タカダマ ヒロアキ 准教授 無機材料化学、生体材料学 人工骨や人工関節の開発
*武田 明 タケダ アキラ 教授 医用工学  血液の複素比誘電率
*武田 湖州恵 タケダ コズエ 准教授 免疫学、分子生物学 チロシンキナーゼのレドックス修飾を介した活性制御機構の解析、悪性腫瘍発生・制御因子に関する研究、皮膚アレルギー
*田島 織絵 タジマ オリエ 准教授 生化学、糖鎖生物学、スポーツ栄養学 酸性スフィンゴ糖脂質による神経系機能調節機構の解明
*城 憲秀 タチ ノリヒデ 教授 公衆衛生学、産業保健学、環境保健学 産業疲労、産業保健国際協力
*田中 成泰 タナカ シゲヤス 教授 電子工学、電子顕微鏡学 電子顕微鏡技術の改良
*對馬 明 ツシマ アキラ 教授 理学療法学 運動器疾患の理学療法、運動と健康増進 
*鶴留 雅人 ツルドメ マサト 教授 ウイルス学、分子生物学 ウイルスによる膜融合誘導の分子機構の解明
*戸田 香 トダ カオル 教授 理学療法評価学、地域リハビリテーション学  振動感覚の加齢変化
*中井 浩司 ナカイ コウジ 准教授 医療機器の評価及び開発、臨床工学技術、医療安全管理学、呼吸管理 患者さん及び医療従事者に対する低侵襲かつストレスを低減する医療機器と医療器材の開発 ホームページ
*西沢 祐治 ニシザワ ユウジ 教授 解剖学、組織学、超微形態学、細胞生物学、質量分析学 網膜視細胞の形態形成および形態維持のしくみを解明する研究
*野田 明子 ノダ アキコ 教授 循環器病態学、睡眠医学、臨床生理学、臨床検査医学 脳機能向上に関する研究、睡眠障害の心血管病に及ぼす影響、生活習慣病予防に関する研究
*長谷川 康博 ハセガワ ヤスヒロ 教授 神経内科学 臨床自律神経学など
*長谷川 龍一 ハセガワ リュウイチ 教授 作業療法学、健康支援学 地域における高齢者の健康支援に関する研究
*馬場 礼三 ババ レイゾウ 教授 小児科学、小児循環器学、運動生理学、スポーツ医学、メタボリック症候群 小児科学、小児循環器学、運動生理学、スポーツ医学、メタボリック症候群
*平松 武幸 ヒラマツ タケユキ 教授 腎臓病、糖尿病性腎症 血液透析、腹膜透析、慢性腎臓病
*古川 圭子 フルカワ ケイコ 教授 生化学、糖鎖生物学 癌性形質における酸性スフィンゴ糖脂質の役割とその分子メカニズム、酸性スフィンゴ糖脂質の生物学的機能の解析
*堀田 典生 ホッタ ノリオ 准教授 運動生理学 運動時の神経性循環調節におけるメカノバイロジー機構の解明 ホームページ
*牧瀬 英幹 マキセ ヒデモト 准教授 精神医学、精神分析学 小児期から老年期までの精神病理、描画療法、病跡学
*松井 藤五郎 マツイ トウゴロウ 教授 人工知能、データ・マイニング、機械学習、強化学習 機械学習を用いた医療データ解析、機械学習を用いた金融データ解析 ホームページ
*宮下 浩二 ミヤシタ コウジ 教授 理学療法学、スポーツ外傷学、バイオメカニクス  スポーツによって生じる外傷(障害)とスポーツ動作の関係についてバイオメカニクスの視点からの分析、スポーツ現場におけるスポーツ外傷・障害の発生要因の分析とその予防策の効果検定
*向 文緒 ムカイ フミオ 教授 精神障害者リハビリテーション、精神科作業療法 精神障害や発達障害のある人の地域生活・就労支援、精神科作業療法
*山口 誠二 ヤマグチ セイジ 准教授 無機生体材料学 骨・関節修復材料
*山下 均 ヤマシタ ヒトシ 教授 分子生物学、老化基礎科学 老化や生活習慣病発症における体熱制御の役割とその分子機構の解明
*山本 幸也 ヤマモト ユキヤ 教授 血液腫瘍学 骨髄系腫瘍の発症メカニズムの解明と新規治療法の開発 ホームページ
*米澤 久幸 ヨネザワ ヒサユキ 教授 理学療法学、数理科学 内部障害の理学療法、理学療法教育の向上、重心動揺の数理モデル
*は兼務を表す。

ページの先頭へ